TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
観察記
朝から妻がぐったりしている。とうとうこの季節がやってきた。

結婚して初めて知ったことだが、世の中には湿度や気圧の変化で、日常生活に支障をきたす程の体調不良に見舞われる人がいるらしい。妻もその一人である。

低気圧に襲われると偏頭痛を起こす人が多いそうだが、妻の場合は腹痛、悪心、頭痛、だるさなどなどに襲われ、ほとんど死体のようになってしまう。

偏頭痛の場合は、気圧の低下にともなって血管が縮小するから、という一応の説明があるのだが、他の不調についてはどうも良く分からない。

いまひとつどれがクリティカルな要因なのか分からないため、なんとも対処のしようがない。夫としても声をかけたり、なんやかや気を使ったりするのだが、本人は放置されているのが一番らしく、「悪いけど、ほっといて頂戴」と言われるばかり。

そう言われても、放っておけるものではない。第一、家に具合の悪い人がいるというのは大変辛気臭くて嫌なものである心配で心配で仕方が無い。

梅雨時から夏にかけてが最も鬼門であるらしく、ひどい時には「もずく酢」以外喉を通らなくなる程体調が悪くなる。

朝昼晩問わず、ズルリズルリともずくを啜っている妻を見ていると、なんだかひどく気味が悪い心配で心配で仕方が無い。

カナダに留学していた頃は体調を壊すこともなかったと言うし、またアメリカに出張や旅行に行くとエライ元気だったりするので、ひょっとすると妻には日本より北米の方が気候が合っているのかもしれないと常々思っていた。

なので今回は本格的に夏が来る前に渡米したかったのだが、7月一杯は日本にいることは確実なので、またぞろ具合の悪い妻を連日看取る見守ることになりそうで、今から憂鬱である心配で心配で仕方が無い。

というわけで、せめてもの楽しみを見つけようと何かの助けになるかと思い、妻の体調の悪い日には観察記をつけることにした。いつか根本的な原因/関連性が見つかると良いのだが。頑張れ妻。
スポンサーサイト
【2005/06/14 12:44】 | 体調不良観察記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。