TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
電話の向こう側
電話で話す英語はいつまで経っても苦手です。

アメリカに住んでるんだから当たり前ですが、仕事の都合で電話しなきゃいけないこともありますし、向こうから突然かかってくることもあります。

心の準備が必要なので、電話する前には一回メールでご連絡を。

そんなことを言いたくなるくらい苦手。

もちろん問題なく会話が成立することもありますが、あちゃー全然わかんないやこの人の英語、と思いながら受話器越しにコチョコチョと耳をくすぐり続ける言葉の波に打たれながら、冷や汗をかくことも良くあります。

えーと、ごめんなさい、最後の方、もう一回言って貰えますか?

申し訳ないんだけど、もう少しゆっくり大きい声で喋って貰えませんか?

勇気を出してそう言ってみても、ほとんど変わらないスピードで捲くし立てられたりして、受話器を叩きつけたくなったことも度々。

結局、慣れしかないのは分かってんですが、それでもちょっとドキドキするのは変わりません。

電話で外国語を喋る/聞くってのは、どんな人にも難しいようで。

先日古本屋に立ち寄ったところ、アメリカ人向けの日本語学習教材を目にしました。

Teach Yourself Phone Japanese、というその教材は独学で外国を習得しようとする人向けのものらしく、オーディオCDとテキストがセットになってます。

その表紙にはこんな売り文句が。(太字は筆者駄訳)




Phone Japanese
Goal: successful phone skill

content
・talk easily on the telephone
・understand waht is said to you
・improve your confidence

電話で日本語

目標:上手な電話対応スキル

内容
・電話でスラスラ喋る
・相手が言ってる内容を理解する
・自信を高める



なかなか良さそうですね。英語版があったら私も使いたいくらいです。

どこかの誰かか、仕事でどうしても、もしくは友人や恋人と電話で日本語を喋ってみたい、そんなことを考えてこういう教材を使うのでしょう。

私の友人でも日本に恋人がいるアメリカ人がいますが、彼も私と電話で話すたびに、なんとか新しく覚えた日本語のフレーズを入れようと四苦八苦していたのを思い出します。

日々英語で苦労している私ですが、一方で日本語を勉強したいと思ってるアメリカ人の存在を感じるとなんだか嬉しくなるもんです。

ちなみに、その教材はこんな感じ。

妖怪?

超怖え。なにこれ。日本人ですか。本当ですか。そんな電話切れ!命が危ないぞ!

せっかく勉強して学んだ日本語での電話スキル、受話器の向こう側でこんなのが喋ってるかと知ったら、せっかく高まった自分の日本語への信頼どころか、自身の世界観さえ狂ってしまうのではないでしょうか。


ではまた。
スポンサーサイト
【2011/02/21 19:43】 | Lost in Translation | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
英語で笑おう。
英語でチャットやSNSをやっていたり、掲示板の書き込みを読んでると、良く分からない略称に出くわすことがあります。lolとかLMAOなんてやつ、見たことありませんか?

これは日本で言うところの(笑)、今だったらwにあたる奴です。

一昔前は、日本でも笑いの大小を表す方法として(笑)や(爆笑)もしくは(爆)、不謹慎なやつだと(核爆)なんてのがありましたね。最近はあまり見ませんが。

その代わりwを何個も重ねて笑いの強弱を表現してる、なんてのは良く見かけます。

それと比べて、英語のネットスラングには本当に数多くの「笑い」を表す略語が存在します。いやその豊富さは調べていてうんざりしたほど。

ということで、今回はそれらのご紹介。

太字で略語および元の表現。あとその訳を挙げてみます。訳、とは言うものの、決して正しい訳になってるわけじゃなく、その表現があらわす意味を直訳風に通じるように書いてます。

いつも通り、何か間違いがありましたらご指摘頂けると有難いです。

では、笑いの勢いが弱いものから順番に。どうぞ。



第一段階 助走

まずはちょっとした一人笑いからスタート。

<g> =Grin
→ にやっと笑ってます。


訳をみると「歯を見せて笑う」となってます。

LTM = Laugh to myself
→ 一人で笑ってます。

BL = Belly Laughing
→ おなかを抱えて笑ってます。

BWL = Bursting With Laugther 
→ 笑って吹き出してます。

LOL = Laugh Out Loud/Laughing Out Loud 
→ 大笑い。


これはポピュラーですね。lollolなんて繰り返しつかって強調したりもします。

LOOL = Laughing Out Outrageously Loud
→ 大爆笑してます。


LOLの進化した奴ですね。

LMAO = Laugh My A*s Off 
→ 尻が抜けるほど笑ってます。


尻が抜けると書いたのは意訳です。あくまで強調表現なんで厳密に尻が抜けてるわけじゃないと思いますが。当たり前か。

LMAFO = Laughing My F*cking A*s Off
→ ケツが抜けるほど笑ってます。


上記表現の下品版です。
 
LMSO =Laughing My Socks Off 
→ 靴下が脱げるほど笑ってます。


シチュエーションが良く分かりません。

LHO = Laughing Head Off
→ 頭がぶっ飛ぶほど笑ってます。


SWL = Screaming With Laughter
→ 叫びながら笑ってます。

LSHMBH = Laughing So Hard My Belly Hurts
→ 笑いすぎてお腹が痛いです。

BMGWL = Busting My Gut With Laughter 
→ 笑って腸が破裂してます。


大丈夫ですか。



第二段階 椅子から落ちる

どうやら英語の世界では、笑いが高じると、椅子から落ちる必要があるようです。

FDL = Falls Down Laughing
→ 笑い転げてます。

FOMCL = Falling Off My Chair Laughing
→ 笑いすぎて椅子から転げ落ちました。




第三段階 転げまわる

椅子から転げ落ちたら、次にするべきは床を転げまわること。

ROTFL = Rolling On The Floor Laughing
→ 床の上で笑い転げています。

ROFLMAO= Rolling On The Floor Laughing My A*s Off
→ 尻が抜けるほど笑いつつ、床を転げまわってます。

ROTFLMBO = Roling On The Floor Laughing My Butt Off


上記のやや上品版です。AかBかの違い。

ROTFLOLWS = Rolling On The Floor Laughing Out Loud Without Stopping
→ 床の上で笑い転げてます。止まりません。

ROTFLMAOWTIME = Rolling On The Floor Laughing My Ass Off With Tears In My Eyes
→ 床の上で尻が抜けるほど笑い転げて、涙が出てきました。




第四段階 限界を超える

これ以上の勢いで笑うためには、笑いの渦に身を任せ、人間としての尊厳を捨てる必要があります。

ROTFLOLAPMP = Rolling On The Floor Laughing Out Loud And Peeing My Pants
→ 床の上で笑い転げて、おしっこを漏らしています。


え?

ROTFLABAOTP = Rolling On The Floor Laughing And Barfing All Over The Place
→床の上を笑い転げ、そこら中に吐いてしまいました。


きたないです。

ROTFLMAOWPIMP = Rolling On The floor Laughin My A*s Off While Peeing My Pants
→ 床の上で尻が抜けるほど笑い転げてます。おしっこを漏らしながら。


またですか。

ROTFLAOBTC = Rolling On The Floor Laughing And Occasionaly Bitting The Carpet
→ 床の上を笑い転げて、時々カーペットを噛んでます。


そこさっきおしっこしたり、吐いたりしたんじゃない?大丈夫?


ROTFLMAOSHTCCOMNAIWEDA = Rolling On The Floor Laughing My Arse Off So Hard That Coke Came Out My Nose And I Wasn't Even Drinking Any
→ 床の上で尻が抜けるほど笑ってたら鼻からコーラが出ちゃったよ。ってか何にも飲んでないはずなのに。


もう何がなにやら。


ROTFLMAOTID = Rolling On The Floor Laughing My Ass Off Till I Die
→ 床の上で尻が抜けるほど笑い転げてます。死ぬまで。 


死んでしまったようです。



ちょっと汚いのが続いたので、口直しにこんなのも。


ROTFLOLSTC = Rolling On The Floor Laughing Out Loud Scared The Cat
→ 床の上で笑い転げていたら猫を驚かせてしまいました。


かわいいですね。

ROTFLBTCASTCIIHO = Rolling On The Floor Biting The Carpet And Scaring The Cat If I Had One
→ 床の上をカーペットを噛みながら転げてて、猫を驚かせてしまいました。猫はいないけど。


いないのかよ!



というわけで、ずらずら紹介してきましたが、これらの中には正直「本当に使ってんのかこれ?」というのもあります。

ただ、このリストを覚えれば、今日からあなたはネイティブスピーカーのどんなギャグに対しても、ありとあらゆる笑い声で対応できるというわけです。弾薬は多いほうが良い。

例えば、あなたが素敵なアメリカ人男性/女性とチャットをしてるとして、ちょっと相手の言ってることが理解できない。でもきっと面白いことを言ってるんだな、と思ったらとりあえず

Wow! ROTFLOLAPMP!

とか

Oh! ROTFLABAOTP!

とかサラっと書いておけば、英語上級者の振りが出来ますし、好感度がアップすること間違いなしです。

うそじゃないですよ。<g>
ではまた。
【2010/10/14 23:58】 | Lost in Translation | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
PONYOだYO!メーン!
なんかもう古い話題になってる気もするけど。

今月の頭から「崖の上のポニョ」が全米で公開中です。配給はディズニー。

んで、ポニョといえばあのテーマソングですが、アメリカではこんな感じになってます。



まさかラップでくるとは。

ちなみに

パークパク チュギュ!

のところが、

MUNCH AND MUNCH, KISS & HUG!

と全て動詞になっちゃってるあたり、日本の擬音文化のすばらしさを再認識しました。

歌ってるのはこちらの超トップアイドルマイリー・サイラスとジョナス・ブラザーズ

・・・のそれぞれ妹と弟。映画の中の主役二人の声優も務めてます。


多分劇場に観にいくことはないんですが、ちょっと面白かったのでご紹介してみました。
【2009/08/20 17:24】 | Lost in Translation | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メリーさんの羊たちの沈黙
小さい子供がいる家庭はどこもそうでしょうが、我が家も最近は童謡がヘビーローテーション。

童謡のCDをかけた途端むずかるの止め「ハッ!」とステレオの方を向くのだから、子供って面白い。なぜクレージーケンバンドではダメなのか。

お蔭様で、私達夫婦の頭の中も一日中童謡が駆け巡っております。

ところで、この年になって童謡を聴くと、意外にディティールを知らなかったことに驚きます。

例えば「メリーさんの羊」

一番の「メーリさんのひつじーカワイイなー」というところまではどなたもご存知でしょうが、果たしてあの歌がどんな結末になるということは、どれくらい認知されてることでしょうか。

我が家のCDには歌い手が異なる複数のバージョンが存在しますが、全て歌詞は一緒。

こんな感じです。

 メリーさんの後を追っかけていき、学校までついて来てしまった羊。

 そのせいでメリーさんは、「アハハ アハハ」と皆の笑いものに。



可哀想なメリーさん。

さらに追い討ちをかけるような展開が。

救いの手を伸ばしてくれるはずの先生は、
何をどう勘違いしたか、「カンカンに怒って」「追い出し」てしまいます。

どうにも困ったメリーさんは「シクシク泣き出し」てしまう。



歌終了。

「ええええっ!?」と叫んでしまいましたよ、最初に聴いたとき。

なんたる悲劇的な結末。

この先生の尻の・・・いや消化器官の出口が大きくないサマは尋常じゃありません。思わず怒りに震えてしまいました。

歌詞には明示されてませんが、この馬鹿教師が、羊だけならまだしもメリーさんまで追い出したのであれば、これはもう教育者失格です。教育を受ける権利をどう考えてるんだ。モンスターペアレンツに食われてしまえ。

こんなことでムキになるのもどうかと思ったのですが、結構ショックだったので、元の歌詞をwikipediaで調べてしまいました。

すると、原詩ではこんな感じ。

先生に追い出された羊は、学校の近くに留まり、辛抱強くメリーさんが姿を現すのを待ち続けます。

それを見ていた子供達は「なんであの羊はメリーさんのことをあんなに好きなの?」と尋ねます。

先生は答えます。「それはね、メリーさんがあの羊を好きだからだよ」



なんか素敵なエピソードじゃないですか。良い先生だ。教育者合格。

にしても日本語版は、なんで最後の結末を省くかな。

土曜の昼間に12チャンでやってる洋画じゃあるまいし、タチが悪いったらありゃしません。

とにかく、メリーさんも羊もそれほどひどい目に合わず済み、周りの生徒も「愛情」の意味を知る良い機会を得て、先生も格好良いところを見せられたようで安心しました。四方丸く納まり、win-win-win-winですね。蝉かよ。

残念ながら、我が家のCDに入ってるのはどれも悲しい結末なので、娘が歌の意味を聞き取れるようになった暁には、この歌が流れるたびに細かく注釈を加えてあげることにします。

絶対うざがられそうだけど。

ではまた。

追記 

ちなみにこのメリーさんの羊、実際の出来事をベースにした歌という説が根強いです(wikipediaも実在説を採ってます)が、それを否定する見解もあります。というか諸説ありすぎ。

「実在するメリーさんの羊は、ほどなく牛に突かれて死亡。この歌はその悲しみを癒すために作られたのだ」というものから、はたまた「この歌のメリー(Mary)はいわゆる聖母マリアであり、羊はなんとイエス・キリスト(その白い羊毛は無原罪を表す)なのだ」、というダビンチコード真っ青な説まで色々あります。更には、メリーさんの羊の羊毛の使い道にも議論があり、メリーさんの着るセーターの材料になった説から、南北戦争の戦費調達に使われたってものや・・・ってここらへんでは私は面倒になって調べるのをやめましたが、興味のある方は調べてみては如何でしょうか。
【2008/12/11 15:42】 | Lost in Translation | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ワァァァーラー!ワァァァーラー!
前のエントリを書いている内に、特殊な日本語をアメリカ人がどのように解釈しているか興味が湧いたので、ちょっとネットを散策していたら、とある外人オタク達による掲示板を発見。

数年前のトピックのようだが、どうやら議論のテーマは日本のオタク用語の様子。

「なんか日本の掲示板を見てると、よくwwwwwって文章の最後に書いてあるけど、何あれ?なんかの署名?」

なんて言う、日本人からみたら微笑ましい質問もあったり。

そこにあった一つのコメント。テーマは「萌え(moe)」について。

「moe」って色々定義があるみたいだけど、どれが正しいんだ、みたいな話のあと、回答として、一人の投稿者がこんなエピソードを紹介していた。

「僕は『苺ましまろ』(というアニメ)の第一話を観るまで、「萌え」っていう感情が分からなかった。(そのアニメは)最初の方は大して面白くも無かったんだけど、後半で、3人の女の子が眠っている場面を観たとき、僕は不意に信じられないくらい暖かい気持ちと崇拝の念、それと『守ってあげたい』という説明のつかない強烈な衝動にかられたんだ。もう少しで泣いちゃうところだった。

・・・うん。萌えって言葉で説明すると、馬鹿みたいに聞こえるよね(汗)。でも僕にとってはそんな感じ」

これを読んで、不覚にもちょっと感動してしまった。

未知の言葉を体験することで初めて理解する場面というのは、(たとえそれがどんな言葉であれ)ドラマチックだ。

私はヘレン・ケラーが「Water! Water!」と叫ぶ有名なシーンを思い浮かべたほど。

きっと今日も世界のどこかで、外国人のオタクが、上記のような体験をしては

「モエーーー!モエーーーー!」

とか叫んでいるに違いない。涙を浮かべて。

世界は確実に駄目な方向に行ってる気がする。

ではまた。
【2008/09/19 14:43】 | Lost in Translation | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。