TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
つれてった妻たちと、ついてった夫たち。
ブログもこう長いこと書いていると、色んな人との出会いがある。

オンラインだけでやりとりをさせて頂いている人もいれば、それがそのうちオフラインでもお会いさせて頂く人たちも居て、インターネットというものが無ければ、こういう人達と出会うこともなかったんだろうな、と思うと不思議な気持ちがします。

って、一体なんだこの良くある感想は。

と言うわけで、先月、ネットを通じてお会いしたご夫婦について書こうと思います。

会った方々はRYUICHIさん、MAYUさんご夫妻。実はこのお二人と私達には、大きい共通点が一つあります。

奥さんが米国MBA留学を決意し、夫がついてったということ。

自分で言うのもなんですが、日本人ではあんまりいないと思います。

RYUICHIさんご夫妻との付き合いは3年ほど前、まだお二人が日本にいる時に、ブログ経由でコンタクトをとってきて頂いたのがきっかけ。

奥様がウォートンのMBAに合格して、RYUICHIさんが一緒に行くかどうかまだ決めかねていた時だったと思います。

日本人MBA希望者が妻にコンタクトを取ってくるというのは、当時も(そしていまだに)ちょくちょくあることなのですが、その配偶者、しかも夫側から連絡を頂いたのは後にも先にもこれっきりです。まぁ不思議な話じゃないけど。

それが嬉しくて、なんだかまとまらない内容を沢山メールに書いた覚えがあります。いやほら、そんな話を聞いてくれる人は誰も居ませんから。いきなりスポットライトがあたったクラスのさえない奴、みたいな感じと言えばお分かり頂けるでしょうか。

その後、RYUICHIさんご夫婦は渡米。MAYUさんがMBAプログラムに参加されている間に、RYUICHIさんは奥さんのサポートをしながら、大学院入学の準備をすすめました。

そして昨年、MAYUさんはめでたくMBAを取得され日本に帰国、RYUICHIさんも技術経営を学ぶため、アリゾナの大学院に入学され、現在は夫婦離れて生活されています。

RYUICHIさんとはその頃に一度SKYPEを通じて初めて話をして、その「留学についていった夫が感じるあれこれ」について、共感できること、似たような体験が多くて大笑いした覚えがあります。

ちょっとした例をあげると、自分が学生でも社会人でもない、よく言えば主夫、悪く言うとヒモまがいになったことに気持ちが落ち着かず、自分がお金を稼がないという負い目からか、自分の生活必需品ですら全然買う気になれない、なんてのがありました。

私も当時、出来ることなら霞を食べて生きたいと思ってたもんです。結局15キロ太りましたが。

とにかく「こんな気持ちになるのは、俺だけじゃなかったんだ!」と言うのが嬉しくて。

無人島で暮らしていたら、隣の島にも人が漂着してきたのを目撃した気分とでも言うのでしょうか。微妙に失礼な喩えですねすみません。

とにかく、そんなご夫婦が、RYUICHIさんの冬休みを利用して、限られた時間の中からシアトルまで訪ねてくれました。

自分の留学に夫をつれてきた妻たちと、ついてった夫たち(+2歳児)の会食は、本当に初めてあったとは思えないくらい楽しくあっという間に過ぎました。

・・・いまになって考えてみたら、きっと夫同士、妻同士で別々に会ったほうが、より刺激的で面白かったかもしれません。

というのも、さっき自分たちを無人島に漂着した人間に喩えましたが、「夫をつれてきた妻」だってそれなりに悩みやプレッシャーというものがあったと思うからです。きっと当事者同士じゃないと分からない事/言えない事も沢山あったはず。

それらをそれぞれに共有することのできる良い機会だったかもね、とか思いました。いや余計な火種を増やすだけか。

まぁそんな楽しみは、日本かアメリカか、はたまた世界のどこかで再会する時にとっておきたいと思います。

ちなみに、RYUUICHIさんのブログはこちら→アリゾナ留学記(旧 エムビーエィ?)

ではまた。
スポンサーサイト
【2011/02/06 01:35】 | MBA地獄通信 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
MBA According to My Wife
某所で既に書いた話なのだけど、個人的に面白かったのでここでご紹介。

MBAというのが、Master of Business Administrationの略称であるってのは、まぁ有名なところだと思います。

いやどうだろう。

「マスター・オブ・ビジネス アー・・・最後なんだっけ?」ってな人も多いかも知れませんが。

この「MBAって何の略だっけ?」というのは冗談のネタとして扱われることも多く、色んな「答え」が存在します。

有名なところでは、

Married But Available (既婚者だけどオッケーよ)

というものですかね。マヌケ、バカ、アホなんてのも。

そういえば、このどちらも妻のブログに登場してますな。

個人的に好きなのは、

Mediocre But Arrogant(平凡なくせに横柄)

なんてのでしょうか。



んで、先日のこと。

某所の某方の呟きに触発されたので、このMBAの新しい定義について、妻に

「何か思いつく?」

と聞いたところ、すぐさま返ってきたのは、

「Mostly Bald American (ほとんど禿げたアメリカ人)」

あーなんか分かる。何が分かってるのか自分でも分かんないけど。

そして、ちょっと首をかしげて数秒間考えた後、追加の答えが。


「Madonna、Beyonce、あたし?」


これを他の人が聞いてどう思うかは知りませんが、こんなアホなことを思いつく人を妻にして良かった。本当に良かった。と思った夜でした。


「まだまだ ボインな あの子?」


もういいから。



ではまた。
【2010/03/06 04:40】 | MBA地獄通信 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
で、結局のところ。MBAで人は成長するのか?
今日の昼が締め切りの、「認知的デザイン」の課題がどうにも終わらないので、現実逃避のエントリー。

先日アップした「MBAの真価。妻の進化。」のエントリーが好評だったので、ちょっと補足説明を加えることに致します。

二番煎じ?そうとも言いますが。

題して、




「MBAを取る事で、人は成長するか?」

上記の設問に対して、筆者の考えを以下に述べます。

まずは妻の1年半前のノートの記述をご覧下さい。<テキストA>

snapshotfromhell


ねむい
ねむくない
ねむい
ねむくない
ねむい
ねむくない



そして、こちらが卒業前のノート。<テキストB>

2yearsafter


とっても眠い
毎日.
何故に眠いのか
何故にー



一見、これらの記述を見てみると、二年間ずーっと眠かっただけではないか、そんな感想を抱かれる方もいるやもしれません。

ところがぎっちょん、これら二つのテキストには大いなる飛躍を感じとることが出来ます。

まず1年半前のノート、これを仮に<テキストA>としますが、まず特筆すべきはその語彙の貧困さ。

テキストを構成するのがすべて平仮名であるというあたりから、その時点では、主体は限られた語彙(50字以下)しか使用する事ができない状態であったということが見て取れます。

次に、この執拗に続く「ねむい、ねむくない」の呪術的反復からは、原始宗教的シャーマニズムの傾向が指摘できます。

筆者の知る範囲で、主体は特定の宗教を信心しているという事実はないため、おそらく主体はこのテキストによって、特定の神にお伺いを立てているというよりも、汎神論的な、ようするに八百万の神のような存在に対して、自らの状態を占っていたのだろうと考える事ができます。

おそらく主体の傍に、そのときノートではなく亀がいたなら、迷わず火の中に放り込んで亀甲占いをしていたであろうことは疑いの余地がありません。

つまりこの時期、主体には自らの状態についての客観的な自己認識というものが存在せず、自分が眠いかどうかも判然としなかった、つまり自我の発達が未発達であったという事が分かります。

翻って、二年後の記述、これを<テキストB>としますが、まず特徴的なのは、爆発的に向上した語彙能力です。「何故」「眠」という比較的画数の多い文字も、筆跡の乱れなく記述出来ているということから、主体の言語能力の発達に目覚しいものがあったと言えるでしょう。具体的にはJIS漢字第一水準2,965字程度は間違いなく認識出来ているというわけです。<テキストA>時代の50字以下から比較すると、その向上度合たるや、2年間で約60倍という驚くべきもので、ムーアの法則どころの騒ぎではありません。

次に<テキストB>の文脈から判断できることしては、<テキストA>に見られた自我の不全状態、原始宗教的な精神構造は姿を消し、そこにあるのは客観的な視点を保持する事が出来た、近代的自我の確立した人間の姿が見て取れます。

つまり、<テキストA>の「ねむい・ねむくない」が二者択一のClose-ended questionだったのに対して、<テキストB>では「何故眠いのか?」という自由回答式Open-ended qustionになっているということが、主体の知的能力の向上の何よりの証左であると言えます。

要するに、<テキストA>では自らの状態「ねむいか、ねむくないか」すら自らの認知体系では判然とせず、全くの神頼みであった主体が、<テキストB>では「何故眠いのか」という原因-結果分析(Root-Cause Analysis)を行えるまでに成長しているわけです。

ここに筆者は、主体の実存主義的な自我の芽生えを見て取る事が出来ます。

だんだん何を書いてるのか分からなくなってきたので、ここら辺で結論を述べることにしますが、要するに

Q.MBAを取ることで、人は成長するか?

という問いに対して、筆者は以上の考察から、胸を張って

A.する。しかも劇的に。

と言い放って結論にしたいと思います。

                            以上



さて、次回のエントリーでは、


「こんなにごちゃごちゃ書いて、誰が読んでくれるというのか?」

および、

「学校の課題もやらずに、こんなエントリーを書いているのは非生産的ではないか?」


の二点について論じたいと思います。


いや、嘘ですが。

ではまた。
【2007/06/28 21:35】 | MBA地獄通信 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
MBAの真価。妻の進化。
シカゴGSBの卒業式から一週間が経ちました。

妻の同級生である留学生の方々は、つぎつぎに母国やそれ以外の土地に去っていってます。

なんだか物寂しい気もします。

さて、MBAを取って、妻は何か変わったのだろうか、そんなことを考えながら、先日このブログをざっと読み返してみました。

すると、こんなエントリーを発掘。

クリックして頂くのも恐縮なので、ここに再掲致します。

以前読んだという方は、どうぞスクロールしてくださいませ。



2005年10月30日
「Snapshot From Hell」

中間試験ことMidtermが近づき、嫌が上にも緊張感が高まる我が家です。

猛勉強の邪魔になってはいけないと、この時期MBA Studentがいる家庭は、ほぼ例外無くお通夜のような状態が続いています。

さて、ビジネススクールの中でもトップ校に数えられるシカゴGSB、その象牙の塔ではさぞかし難しい学問の世界が展開されているだろうと思われます。

そんな中、偶然にも、現在全精力を傾けて勉学に勤しむ妻のノートを覗き見ることが出来ました。私もビジネスパーソンの端くれ、MBAの授業の内容に興味が無い訳がありません。

本来ならば私一人で独占したいところですが、今回皆さんにも特別に、その内容をご紹介しようと思います。現在のビジネスにおける最先端の理論が聞けると評判のMBAの授業、その片鱗を少しでも感じて頂ければ幸いです。

では、どうぞ。



snapshotfromhell







いやー、こんなこともありました。

思い起こせば1年半前、エンジニアあがりの妻は膨大なリーディング、理解不可能な経済学の知識に押しつぶされており、毎日が苦闘の連続でした。

秋だというのに家の中はどんよりと暗く、初の海外生活で毎日興奮していた私をよそに、彼女の精神状態は最悪。

授業に行く前は終わらない予習と宿題でキリキリ舞い、授業から帰ってくると、すっかり打ちのめされていてグッタリ。

そんな妻を送り出すのも、そして数時間後に迎えるのも辛い毎日でした。

そして月日は過ぎ、今や妻の机の上には卒業証書が鎮座ましましており、青白い顔をしていた妻も随分と逞しくなりました。

口を開けばLBOがどうとか、ポートフォリオがなんだとか、それはサンクコストだうんぬん、額には巨大な角が隆々と生え、背中には黒々とMBAのタトゥーが施され、鋭くとがった鉤爪にはリスクアービトラージも尻尾を巻いて逃げ出すほどです。

先ほど、そんな妻の机の上から、終わったばかりの授業で使ったノートを発見しました。


「こ・・・これは凄い・・・。」



思わずそう呟きました。



昔のエントリーではネタにした妻のノートですが、それから幾星霜。最近のノート、そこには素晴らしく進化した知的生命体、ビジネスのハイブリッドエコノミックアニマルとして再構築された妻の足跡が黒々と記されておりました。

これは是非ブログで紹介しないと。

ひょっとしたら私達夫婦のブログを読んで下さってる方の中には、妻のことを「のほほんMBA」だと思ってる人もいるかもしれません。

このノートのクオリティは、そんな誤解を一撃で粉砕すること間違いなし。


さあ、お立会い。

2年間の苦闘の末、ようやく辿り着いた知の真骨頂。

ここに世界に冠たるMBAトップ校出身となった妻のノートを、ほんの少しだけ公開致します。

日本のビジネスパーソンにとって、またはMBAに興味のある方にとって、何らかの参考になれば幸いに存じます。



さぁ、どうぞ。

(「続きを読む」↓をクリックで開きます)
続きを読む
【2007/06/19 09:38】 | MBA地獄通信 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
妻の卒業式
シカゴ大学キャンパス。

私の祈りは中途半端に受け入れられ、晴天とも曇天とも言いがたい日曜日。

キャンパス中央、屋外に設けられた会場。

じっとりとした熱気につつまれ、ひたすら待つ。

えらい座り心地の悪い、木製の折りたたみ椅子は芝生の上で私の体重を支え、ぐらぐらとふらついている。
周囲では名も知らない小さな羽虫が飛び交い、参列者を悩まし続ける。

約2時間が経過。

パーパーペプーペーペーパー(ダラダラダラダラダン!)
ペーペーピヒョープープー(ダラダラダラダラダン!)

バグパイプとドラムのリズムを文章で表現しようという努力も空しく、音楽隊に率いられシカゴGSBの卒業生が入場。

いっせいに立つ参列者。カメラを振りかざしパシャパシャパシャ。

私たち家族のいるところからは、かろうじて頭の天辺が見えるくらい。

先頭にたつ2人の旗手が持つのはアメリカ国旗とシカゴ大学の校旗。

私の父がつぶやく。

「おお。ここはアメリカなんだな。・・・気が付かなかったよ」

寝不足の私には、そんな冗談には上手く対応できないよ。






というわけで、今日は妻の卒業式でした。

日本からは義母(妻の母)だけでなく、私の両親、も参列しております。

肝心の夫である私の方は、翌日に期限が迫った修士論文課題設定ペーパーによる連日の睡眠不足で若干フラフラしてます。

会場前方には、テントで覆われたステージがでんと置かれ、その手前に卒業生が座る予定の席、そしてその後ろには参列者用の席が続きます。

更に後方の席には会場の様子が分かるように、大型のディスプレイが2つ。

金かかってますね。

苦しい学生生活を終えた、卒業生の顔は、皆一様に明るく、互いにハイタッチをしたり、家族に手を振ったり。

まさに晴れ舞台。

ちなみに卒業生が入場してくる前、参列者向けに注意事項がありました。

式の間はカメラやビデオでの撮影は禁止。あと学生の名前が呼び上げられる時に、名前を叫んだり拍手をしたいだろうけど、それも駄目、とのこと。

カメラやビデオはそれによって、他の人の視界を遮ってしまうから。

名前ごとに歓声をあげちゃいけないってのは、次に呼び上げられる人の名前が聞こえにくくなるから、だそうで。

どちらも理屈は分かりますが、ちょっと残念。

式の方は2つスピーチのあと、名前が呼ばれるに従って、学生達がステージに上がっていきます。

フルタイムの学生だけでも550人ですから、ちんたらやっていたら中々終わりません。半ば機械的に。

と、最初のうちは静かだった参列者ですが、そのうち喜びに耐え切れなくなったのか、叫んだり拍手をする参列者も出てきました。

(例)

「トレノフ ミノフスキー(仮名)」

「トレノフー!」 パチパチ。

基本的には「禁止」というのメッセージがある程度行き渡ってるためか、拍手も歓声も勢いは無く、散発的なもの。

かえって物寂しい気が。

でもしたくなる気持ちも良く分かります。

他にも

「フランシス バックマイヤー(仮名)」

「フランシスー!(パチパチパチパチ)、キャーーーーー!」

シャウトとかしてるし。

まぁね、本当に家族の嬉しい気持ちも良く分かりますよ。

ピィーーーー!

誰だ笛まで持ち込んでる奴は。

ちなみに、手元のパンフレットには、ABC順で呼ばれる名前がずらずらと並んでいます。

妻の名前がきちんと載っていることに家族一同ホッと安堵のため息。

良かった。本当に卒業できるんだね。

妻の名前はかなり後方なので、呼ばれるのも最後のほう。

それまでは、アナウンスに従って学生達の名前をチェックして時を過ごします。

世界中から本当に様々な学生があつまってるんだなぁということを改めて実感。

どんな発音をするんだろうと思うような名前もあれば、チェンとかキムとかリーって多すぎだろう、などと詰まらないことに感心したり。

ちなみに、名前の中には、

・WITH HONORS

と表記されている人がいます。これは特に成績が優秀だった生徒につけられるんだそうで。すれは素晴らしい。

普通の学生がピカチュウだとすれば、彼らはライチュウと言ったところでしょうか。

と、更に生徒の中には

・WITH HIGH HONORS

という方も。

これは成績優秀者のなかでも、特に優秀な生徒につかられるようです。

上位数%とかなんでしょうね、きっと。

ってことは。えーと。

一般の学生にはピチューだとすると、"WITH HONORS"の方がピカチュウ、"WITH HIGH HONORS"はライチュウとなるわけですね。

なんでこんなに無理してまでポケモンに喩えてるのか分かりませんが。

それはさておき、多様な人種、国籍に彩られた卒業生に囲まれた妻の姿を見るにつけ、本当にこの2年間、良く頑張ったと思います。

深夜のアパート、「もう本ッ当に分かんないっっ!うきーーーー!」と半狂乱になっていた妻を見ながら、これはひょっとすると途中でリタイアもあるかもな、と思っていましたが、見事やり遂げました。

これから、新しい仕事が始まるまでの3ヶ月近く、結婚以来初の専業主婦となる妻ですが、まぁ疲れをしっかり癒して欲しいものです。

そして、これまで妻を応援して頂いて下さった方々、本当に有難うございました。

妻に代わってお礼を申し上げます。

ではまた。
【2007/06/10 16:26】 | MBA地獄通信 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム | 過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。