TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
おう。
先週書いていたのですが、アップするのを忘れてました。大変失礼しました。

先週のシカゴは晴れの日が続き、毎日燦燦とした日光が降り注いでいました。風はすんごく冷たかったりもするんですが。

妻のミッドタームは朝の五時までかかったものの、無事課題も提出できたようで一安心です。

さて、私の通うESLですが、こないだTVM(テレビ用映画)を一本観ました。

タイトルは"Iron Jawed Angels"というもの。

アメリカにおける婦人参政権獲得までの苦闘の道のりを描いた作品です。

日本では"アイアン・エンジェルズ/自由への闘い"という、B級アクションムービーみたいなタイトルでDVDが出ているようですが、内容はいたって真面目な映画です。

主演女優は「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンク。TVMとはいえ、結構お金かかってます。

当たり前ですが字幕が無いため、必死に画面を凝視しながらノートテイキングをするという、映画の楽しみ方としてはどうよってな鑑賞方法でしたが、お陰で登場人物に感情移入して楽しめました。

映画終了後、講師のKから「twitetta、ちなみに日本で女性の参政権が認められたのはいつ頃?」との質問が。

私「えーと。・・・確か第二次世界大戦後」

K「オーマイガ!信じらんない!何それ?酷いわね!」

質問を振っておいて、あきれ返る講師のK

私「これも全てアメリカ様のお陰でございます。えへへ」

と売国奴チックな発言をしてみる。

K「本当にこの国は昔から他所の国にばっかり構って、自分のところをないがしろにしてんだから!まったく腹が立つ!」

勝手にヒートアップするK。私にどうしろと。

その後、グループに分かれて各々の国の女性参政権運動について語れとの指令が下りました。

私のパートナーは台湾人のSと、サウジアラビアのJ。

うろ覚えで日本の女性参政権の歴史などひとくさり話してから、Jに話を振りました。

私「サウジアラビアの女性参政権運動ってどうなってんの?」

すると、

J「いや、うち絶対君主制だから」

私「え?」

J「キングが国を治めてるから、選挙なんかないよ」

おう。そうでした。サウジアラビア王国だもんね。

サウジアラビアは世界で最大の君主国。そもそも国名も、「サウード家によるアラビアの王国」という意味だそうです(Wikipedia)。

ほとんど「山口さんちのツトム君」と同じようなノリですが、国の名前に個人名(というか一族の名前)が入るなんて、そんな話は聞いたことがありません。

あ、考えてみれば「ムツゴロウ王国」がそうか。

それはさておき、日常会話の中に、自然と「うちの国王が」なんてフレーズが入る人と話すのは初めてです。女性参政権の話などそっちのけで、王様について根掘り葉掘り聞く私とS。

J曰く、サウジアラビアの国王はとても良く、国民からの信頼も篤いとのこと。

王様のエピソードとしてJが挙げたのが、あるとき王様がある老人と会ったときに、王様が丁重にもてなそうとしたところ、老人は恐縮して固辞し続けたとのこと。そのときに王様が言った台詞。

「私は国王。あなたは国民。ただそれだけで、人間としては何の違いもないのです」

なるほどねぇ。
ただそれだけって、国王と国民じゃエライ違いがありそうですが、なんとなく言いたいことは分かりました。

それにしてもサウジアラビア王国、聞けば聞くほど面白いです。サウジアラビアでは学費、医療費はタダ(私立学校は別だそうですが)。大学では留学費用と奨学金まで出るそうで。極めつけに税金すら無い。
無知をさらすようで恐縮ですが、そんなことも知りませんでした。

それにしても石油が出るっていうのは本当に素晴らしいんですね。なんでサウジアラビアに生まれなかったんだろう、とか思ってしまいます。
アルコールが飲めない国だそうですが、私下戸だし、全然問題ありません。

参政権についてよくよく聞いてみると、サウジアラビアでも地方議会で昨年初めて選挙があったみたいですが、その時にも女性には選挙権が無かったとのこと。J曰く、「うちの国はまだ歴史が浅いから、国民の意識がそこまで高まってない」とのことですが、そんなもんでしょうか。早急にに国民の意識が高まることを期待します。

色々他にも聞いてみたいことがあったんですが、今回は時間切れ。

授業とはあんまり関係ないところで、非常に面白い話が聞けた日でございました。

次回機会があれば、ビンラディンについても聞いてみたいと思います。彼はサウジアラビア出身なので。

ではまた。
スポンサーサイト
【2006/05/07 06:47】 | ESL | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
断言するか。
ESLでのこと。

今日は前回のピラミッドの話から発展して、各人の死生観についてディスカッションをしました。

それぞれの国の葬式の違い等を紹介しあい、感心をしたりされたり。

一歩間違えれば宗教戦争になりそうなトピックなんですが、互いの宗教を認め合い、意見を受け入れられるってのは様々な国籍の人間が入り混じるESLだからなのでしょうか。

でも、個人的にこの話題は深入りしたくないなぁ、と思った矢先、講師のKが私に質問をしてきました。

K「twitetta、あなた死後の世界は信じてる?」

私「あー。・・・信じてません」

K「あらそう。じゃあ神様の存在は?」

私「・・・神様も信じてません。でも無神論者というより、どっちかと言えば、不可知論者です。」

不可知論者"agnostic"という単語が果たしてクラスメイトに伝わったかどうかは分かりませんが、「神様を信じてません」と言うくだりで、何人かの「えぇ?」と言わんばかりの視線が刺さってきました。

これこれ。このリアクションが想像出来たから、答えるの嫌だったんだよなぁ。

つい「ごめんね。えへ」と、舌をペロッと出しながら可愛い子ぶって見せましたが、あんまり効果が無い感じ。30過ぎた男のジェスチャーじゃあないわな。神経逆撫でしたかしら?ひょっとして。

なんとなく気まずい思いを感じてる私を置いて、他の生徒にも同様の質問をしていくK。

イスラム教、キリスト教、仏教徒と、バラエティー豊かな回答が。

それにしても、みんな意外と信仰心が篤い。20代そこそこの彼らが当たり前のように「神に祈るし、死後の世界も信じている」と語るのが新鮮です。

当たり前っちゃ当たり前なんでしょうがね。日本ではあまり見ない風景のような気がします。

次第に、私以外、ほとんど全員の生徒が何らかの宗教を信仰しており、死後の世界も信じている事が判明していきます。

何この疎外感。

いまさら「じ、実はボク、サイエントロジスト!」とか叫んでもダメだろうな。そもそもあれ宇宙人だし。

そんなことを思っていると、Kの質問も最後の生徒を残すのみに。

最後の回答者は韓国人のS。以前韓国の食文化について示唆に富んだ発言をしてくれた彼ですが、実は熱心なクリスチャンでもあります。

K「あなたは死後の世界を信じてる?」

S「はい。私はクリスチャンですから、天国と地獄があると知っています」

K「天国と地獄・・・そこにどんな違いがあるのかしら?」

S「はい。ジーザスを信じない人は全て地獄に行きます」

K「全員!?例外は無いの?ここには色んな宗教や様々な考え方の人がいる訳だけど?」

Sは軽く微笑むと、落ち着き払ってこう言いました。

S「はい。彼らはジーザスを信じないので、全員地獄に行きます」

おい。ちょっとまて。
【2006/04/17 15:48】 | ESL | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
キーオプスって何だろう。
今日のシカゴは暑かった。
半袖着てても汗が出るという、2週間前には想像も出来なかった陽気です。なんだかなぁ。

ダウンタウンのレストランやカフェも、続々と路上にテーブルを出しつつあり、また二階建て観光バスも見かける様になり、とうとう春がやってきたなと喜んでおります。

先日去年は四月に雪が降ったと聞いたので、それでもまだ安心できませんが。

ESLの方は順調に授業が進んでおり、相変わらずNote Takingの能力には向上が見られません。難しいもんですね。

考えてみれば、学生の頃からノートを取るのは随分と苦手でした。

日本語で授業受けててもそんな感じですから、英語で試みた場合の結果は推して知るべしという奴です。

昨日はなにやらピラミッドについて、その歴史的背景と構造上の特徴なぞを聞き、ノートにとるというテストを受けましたが、苦節15分、自分が書き上げたのを見てみると何とも無残な状態。

元々字が汚いのに加え、聴き取れなかった単語の欠片、あまり考えずに引っ張ってしまった矢印の死骸、目を離した隙にとてつもなく太ってしまった小項目(b)、自分の存在意義を見失い途方に暮れる大項目Ⅳ。更には、あとで調べられるとでも思ったのかカタカナで「キーオプス」とか書いてある。

このきったないノート、落語的に言えば「ノートの上にひじきを撒き散らしたような」状態(本来は悪筆の意ですが)。

ふと周囲の人をみると・・・まぁ結果はまちまち。私のように薄ら寒いノートになってる人もいれば、流麗な筆記体でみっしり書いている人も。妬ましい。

どうすれば良いもんでしょうかね。

まずは書くスピードを上げること、あとはレクチャーをリアルタイムでスクリーニングしつつも、脳味噌の他の部分ではさっき聞いた奴を纏められるようにならなきゃいけないのでしょうか。そんなご無体な。

先生のK曰く、ニュース番組を聞いてやるのが一番効果的(5W1Hが入ってるので)と言ってました。今度試してみましょうかね。

それよりなにより、きっと英語を英語のまま理解する能力が不足(だか欠如だか)しているのが問題な気も致します。

今タームのESL、クラスメイトや環境がガラリと変わって、他にも色々書きたいことがあるのですが、それはまた他の機会に。

ではまた。
【2006/04/14 13:44】 | ESL | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
こんとんじょのいこ
ESLが始まって、既に2週目に入りました。

今回私が取っているのはSpeakingクラスのひとつだけ。フルタイムの学生と違って、ちまちまクラスを取っているので、去年の秋に通い始めた頃のクラスメイトは結構入れ替わってしまい、最近寂しい思いをしております。はい。

先々タームで私より下のレベルにいた人達が上がってきており、彼らと一緒に受けることもあったりしますが、みんな去年の秋に話した時と比べて格段に英語が上達しているのに驚いたり。私の英語力もそれくらい向上してりゃいいんですが。

ちなみに今回のSpeakingのクラス、前タームまでは以前私がWritingを習っていたBという先生が教えていたのですが、その方が結婚退職をしたため、新たな先生がきました。Kという女性です。

先生の良し悪しが授業のレベルを大きく左右するのはESLも同じ。以前Pronounceの授業を取ったときには、先生が学校出たてだったこともあり、なんともその、ショッパイ授業だったことを思い出したりして今回ちょっと不安でした。

んで、授業ですが、今のところはレクチャーを録音した(とされる)テープを聴いてノートを取る練習をしたり、ドラマを観てその感想をディスカッションしたりという授業。

ちなみに今まで観たドラマは、日本でも人気の「FRIENDS」と「SEX AND THE CITY」。授業時間が90分なので、授業中に丸々一本観る事が出来ます。これがなかなか難しい。

言い訳を言わせて貰えれば、音響が良くないのか音声が篭もりがちで、きちんと聴いても辛いってのに、しばしば(というよりかなりの割合で)聴き取ることが出来ません。

他のクラスメイトは聞き取れているのか、それとも他の連中(もしくはドラマの中の笑い声)に合わせてるのか分かりませんが、結構タイミングよく笑っていて、私のドス黒い嫉妬心にドクドクと燃料を注いでくれます。チキショウめ。

ドラマを観終わった後配られるプリント読んで初めて分かる事実もあったりして、なんとも悲しい感じ。まぁ何とかやってますが。

ちなみに、この先生、アメリカに来た外国人たるもの「FRIENDS」と「SEX AND THE CITY」を観ているのは当然だと思ってるらしく、登場人物の名前や物語の背景の説明を端折りがち。

私も海外ドラマは結構好きで、昔から観ていた方ですが、だからって主人公の元彼の名前を説明なしで出されたって分かりません。そもそも「FRIENDS」も「SEX AND THE CITY」もそんなに観てないんですよ。私。

クラスメイトの中にも余り詳しくない人がいるらしく、ある時、「ねぇK、この会話に出てくるバリーって何のこと?」と先生に質問したことがありました。

すると、「あーら!バリーはレイチェルの元婚約者じゃない!第一話に出てくる!知らないの!?」

知らないっての。いや好きな人なら常識なんでしょうがね。

あんまり悔しいので、私も将来もし外国人に日本語を教える機会があったら、「渡る世間に鬼ばかり」の途中の話をいきなり見せて、「えー!金田典介を知らないのー!?三女の文子が嫁いだ高橋家の長男の親友の父親じゃなーい!ちなみに演じてるのは佐藤B作ー!いやだなもー!」とせせら笑ってやることを心に決めました。ええ決めましたとも。

ちなみに先ほど、海外ドラマが好きでよく観ていたと書きましたが、自分が好きだったものを順不同で思い返してみました。

「刑事コロンボ」(Columbo)
「タイムマシーンにお願い」(Quantum Leap)
「特攻野郎Aチーム」(The A-TEAM)
「俺がハマーだ!」(Sledge Hammer!)
「ファミリー・タイズ」(Family Ties)
「事件記者コルチャック」(Kolchak:The Night Stalker)
「ナイトライダー」(Knight Rider)
「超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ」(Airwolf)
「アメリカン・ヒーロー」(The Greatest American Hero)
「マイアミ・バイス」(Miami Vice)

どうですかこの、21世紀のESLでは絶対観れないだろうなというラインナップ。アメリカに来る時期間違ましたかね。20年くらい。

特攻野郎Aチームのオープニングなんて、未だに諳んじれます。

「おまちどー!俺様こそマードック、通称クレイジーモンキー!パイロットの腕は天下一品!奇人?変人?だから何?」

なんというか、あれだ。私って友達少なそうですね。

ではまた。

追記 ちなみに今日のタイトルは、口ずさむだけで、誰でもえなりかずきの物真似が出来るようになるという魔法の呪文。為念。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

【2006/04/07 12:27】 | ESL | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
Final Exam終了
奇しくも妻は本日から3日間連続でFinal Exam。そんな妻を余所に、私の方は今日始まり、今日終了。

Writingのテストといえば、In-Class Writing。規定時間内に、与えられたテーマでズラズラ書き進めるというもの。今まではTOEFLのTWE同様、45分の設定だったが、一応ESLでも一番上のクラスのFinalということもあり、今回は大幅増量の75分。配られる紙も最初から2枚。

テーマは今までの授業、書いてきたエッセイを振り返って、自分がどのように変化した/成長したかを書くというもの。問題文の最後に、「例えば10週間分年をとったとか、疲れたとか。」という気の抜けた一文が入っているのが笑える。本当にそれだけ書けば良いのか?

スタートの合図も無いままに、紙を配られるや否や教室に響く鉛筆の音。カリカリシャカシャカ。こんな音にも馴染んでしまったあたり、会社員生活が随分遠い昔のことのように感じられます。

などと追憶に浸っていてはまた結論まで書ききることが出来ないので、私もテーマと構成を考えてから書き始めます。カリカリシャカシャカ。

いつもIn-Class Writingについてブログに書く度に、自分の書くスピードの遅さを嘆いている私ですが、少しずつ、本当に少しずつですが成長しているような気がします。

最初にESLに来たときは、他のクラスメイトの書くスピードの早さに圧倒されたものです。

カッモォォォンのFなんぞは、私が1枚目の2/3も書き上げないうちに、1枚目裏の半ばまで書いてたりして、絶望の淵に叩き込まれましたよ。

そんな時代も今は昔。

だってほらごらん、私のエッセイも1枚目の裏まで達するようになりましたよ。しかもまだ結論まで行ってないから、2枚目表の真ん中まで行くことは必至です。うひひひひ。

するとFが席を立ち、先生のところまで歩いてきました。

F「2枚目の裏まで書いちゃったので、3枚目下さい」

まじかよ。

Fさぁ、お前まさかすっごい大きい字で書いてたりしてない?フォント36とかで。パワーポイント作ってんじゃないんだからさ、そういうことやっちゃいかんよ、とチラリ見すると私の字よりも小さい。しかも綺麗な筆記体。

私の方はどっちかというとジャポニカ学習帳に書いてあるほうがお似合いな字体です。まぁしゅごい!ぼくちゃんおなまえかけるんだぁ。みたいな声が聞こえそうな感じ。

ああ嫌だ嫌だ。ボクもうおウチ帰る!帰るもん!

幼児退行を起こしそうになる我が自尊心から必死で目を逸らながら、とりあえず目の前のエッセイに集中します。

最初のうちは良いかなと思っていたテーマが意外に穴だらけだということに気づきつつも、なんとか本筋を外さないようにしようとカリシャカやっていると、結論を書き終えたところでタイムオーバー。

結局、見事に竜頭蛇尾羊頭狗肉今井夢露な出来のエッセイとなりましたが、2枚目の表が埋まるところまでは書きあげました。これを成長というのか厚顔無恥というかは後世の評価を待ちましょう。誰だ俺。


とりあえず、これで明後日の恒例TOEFLテストと、最終日を迎えれば、見事冬タームは終了でございます。そしたらレッツゴー母国。

ではまた。

テーマ:とりあえず今日の報告 - ジャンル:日記

【2006/03/14 17:04】 | ESL | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム | 過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。